koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

リンゴのカロリーってホントは多いの?身体にいいってホントなの?

      2015/11/29

15f1c5568124d5951be45611eb09f879_s

リンゴがおいしい季節がやってきました。
お店にたくさんリンゴが並んでいておいしそう。

ふじ・紅玉・つがるなど定番だけでなく、
最近ではシナノスイートとか、ジョナゴールドとか、
種類もさらに豊富になりましたね。

みなさんは好きなリンゴの種類はありますか?
私は青リンゴの王林がさっぱりめで大好きです。
それ以外にも最近はシナノスイートが甘くて気に入ってます。

この時期、必ず家にはリンゴがありますね。
そんなリンゴ、体にいいとは言われてますが、
実際はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

リンゴの栄養は?

「リンゴ1日1つで医者いらず」なんてことわざ、聞いたことありますか?
そのくらい体にいいといわれてますが、実際は?

 

リンゴの代表的な栄養素は、

カリウム・ペクチン・リンゴポリフェノールです。

 

カリウムは塩分のもとになるナトリウムを体外に排出してくれます。
そのおかげで、むくみや高血圧を予防してくれる効果が期待できます。

 

ペクチンは食物繊維の一種で、腸内の善玉菌を増やして
腸の調子を良くしてくれます。
さらに腸内の有害物質や、脂肪を吸着して体外に出してくれます。

 

リンゴポリフェノールには抗酸化作用があるので、
体の錆びつきを防ぎ、アンチエイジング効果が期待できます。

さらに脂質の酸化で増えた悪玉コレステロールを抑えて、
血流を改善する効果があります。
ドロドロ血液をサラサラにしてくれるから、
コレステロールが気になる方向きですね。

 

 

最近話題の抗酸化作用がリンゴポリフェノールにはあるんですね。
リンゴでアンチエイジングできるなら、毎日食べちゃいます。

 

でもカロリーはどうなんでしょう??

 

 

リンゴのカロリーは?

リンゴ一個(約250g)135Kcal、100gだと54Kcalくらいです。
ピンとこない人のために・・・

ご飯 168 Kcal
食パン 264 Kcal
クロワッサン 448Kcal
バナナ84Kcal

リンゴはクロワッサンよりも腹持ちがよさそうですが、
カロリーは、8分の1くらいしかないんです。

かなり甘いのでカロリーも高いのではと思いますが、
果物に含まれる果糖は一般的な糖よりも甘みが強いので、
少量でも甘さを感じられます。
ただ、あくまでも糖なので、取り過ぎにはよくないですね。

 

 

昔流行ったリンゴダイエットも、
間違ってはいなかったみたいですね。

スポンサーリンク

 

アップルテストって知ってる?

リンゴダイエットは効果はあるようですが、
長期間続けるのは難しいダイエットでしたね。

食事すべてをリンゴに置き換えるのは、
栄養バランスもよくないので長い期間やるのはよくないかも。

それだったら、間食したくなったらリンゴを食べるとか、
食事の前にリンゴを食べて、食事の量を抑えるようにすると
効果があるかもしれません。

 

 

いろいろ調べていたらおもしろいテストを見つけました。

その名も「アップルテスト」

 

 

なんだかおなかがすいたなぁ・・・と思ったら、
リンゴ丸ごと1個食べれるほどおなかがすいているか?
考えてみてください。

食べられるほどおなかがすいていなければ、
そんなにお腹はすいてないので、我慢しましょう!!

 

これおもしろいですよね。
たしかにちょっとだけお腹がすいてる時なら、
リンゴ1個は食べられないですよね。
それなら我慢しよう!!

 

このテストで、無駄な間食が減りそう。
間食しちゃうお菓子が、一番カロリー高かったりするから、
これはダイエットに使えるかもしれません。

 

 

まとめ

リンゴはカロリーも少なめで、
コレステロールを下げてくれて、
抗酸化作用でアンチエイジングもできる!!

やっぱりリンゴはすごいフルーツでしたね。
今年の冬もたくさん食べたいと思います。

ペクチンやリンゴポリフェノールは
リンゴの皮にたくさん入ってるそうなので、
よく洗って皮ごと食べることにします(^^♪

 

スポンサーリンク

 - 食べ物 ,