koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

ふきのとうのおいしい時期はいつ?天ぷらだけじゃないおいしい食べ方は?

      2016/03/07

8b4fd7fe1fcec4adf8c432a785c79e29_s

小さいころは食べられなかったものが、大人になるとおいしく感じたりすることよくありますよね。

 

私はピーマン・セロリ・ふきのとう・・・などですね。

小さいころは苦みが嫌いでしたが、大人になるとそのほろ苦い感じがおいしく感じます。

 

ピーマンやセロリにくらべてふきのとうは、1年の中で本当に短い時期しか食べられない貴重なものですね。

旬を逃すまい!!と思いつつ、いつのまにか旬が終わっているなんてことも。

今年こそは旬を逃さないために、ふきのとうがおいしく食べられる時期など調べてみました。

スポンサーリンク

 

 

ふきのとうとは?

そもそもふきのとうの事、あんまり知りません。

ふきのお花?それとも実?

ちょっと調べてみました。

 

 

 

キク科フキ属の多年草の山菜で、全国の山野に自生しています。

ふきのとうとして食べられるのは、つぼみの部分。

花が咲いたあとにフキ(葉の部分)が育ちます。

 

 

多年草なので、毎年同じ場所から収穫できるんですね。

昔、おばあちゃんが毎年時期になると取りに行っていたのを思い出しました。

 

今では山野に自生している天然ものだけでなく、ハウスものもあるようです。

ただハウスものでも時期は限られていて、初夏から秋の終わりにはハウスものでも食べられません。

 

 

 

ふきのとうがおいしい時期は?

天然ものとハウスものがあって、収穫時期が少しずれています。

 

天然もの・・・1月~4月上旬

ハウスもの・・・12月~2月末

 

 

ハウスものは温度管理されているので、毎年時期が変わりませんが、天然ものはその年の気温に左右されてきます。

 

春の訪れをつげる雪解けの時期にふきのとうの芽がでてくるので、暖冬か厳冬かで時期がずれてきます。

また収穫される地方によっても異なってきます。

 

雪のないまたは少ない地方では、2月末から3月にかけてよくとれますが、北海道や東北地方は4月が収穫のピークになっています。

 

 

ちなみに収穫量ランキングは・・・

1位  群馬県

2位  福島県

3位  北海道

4位  秋田県

5位  岩手県

 

となっています。

やはり北日本側で多くとれるようですね。

 

 

 

場所にもよりますが、全体の出荷量の31%を占める群馬県の収穫時期に合わせて、2月~3月ごろがふきのとうの旬だと考えていいのでは?

この時期にスーパーを探せば、旬のおいしいふきのとうを見つけられるはずですよ。

スポンサーリンク

 

 

天ぷら以外はどうする?

7f7521228ddc63e5525c20489abacd89_s

さて旬の時期はわかりましたが、買ってきてどうやって食べるかが問題。

結局いつもてんぷらにして食べてます。

たしかに天ぷらにするとおいしいですよね。

でも、それ以外にもおいしい食べ方があるんじゃないでしょうか?

 

 

 

おいしい和食屋さんで食べられたらいいんですが、ふきのとうのためだけに食べに行くのもなんかちょっと・・・。

できればおうちでおいしくふきのとうを料理したいですよね。

 

 

なので、天ぷら以外の調理法を探してみました。

 

 

 

天ぷら以外で一番多かったのは、ふきのとう味噌。

日持ちもよくて、いろんなものに付けて食べられるから重宝するようです。

ご飯のお供にもなるから、作っておいたらこれは使えるかも。

 

 

ふきのとう味噌のレシピはこちら

 

ふきのとう味噌をピザにのせて食べたりしてもいいみたいです。

これもおいしそうですよね。

 

あとおにぎりにつけて焼いてもいいですね。

 

 

ほかにはふきのとうのお浸しなんていうのも。

菜の花とかもお浸しにするし、そんな感じでしょうか。

ちょっと苦みを楽しむんでしょうね。

 

ちなみにふきのとうを茹でる時は・・・

沸騰したお湯に塩を加えて3~4分ほど茹でます。

そのとき落とし蓋(キッチンペーパーでOK)をしてあげると、しっかり茹でられます。

茹でたらしばらく冷水にさらしてあく抜きをしてください。

 

あくがあると食べにくいですから、食べやすくするためにもしっかり冷水にさらしてくださいね。

 

 

おひたしのレシピはこちら

 

 

 

それ以外でおいしそうだなぁと思ったのは・・・

ふきのとうの山芋揚げ焼き

 

ふきのとうの香りと山芋の食感がおいしそうですよね。

作り方も簡単なので、ちょっとおつまみに作るのもよさそうです。

 

 

他にも炒め物やお味噌汁、豚肉で巻いたものなどいろいろありました。

今年は天ぷら以外に、いろんな食べ方をしてみたいですね。

 

 

まとめ

ふきのとうは、季節感がある食べ物で日本らしくていいですよね。

小さいころはわからなかったおいしさもわかるようになってきたので、いろんな食べ方で楽しんでみたいと思います。

冷凍保存もできるみたいですから、今年は多めに買って冷凍しておいてもいいかもしれません。

 

おすすめ記事はこちらです
ホワイトアスパラガスの旬はいつ?どうやって栽培される?栄養は?
春キャベツを簡単サラダで食べよう!人気レシピをご紹介!
ほうれん草は冬が旬!!栄養を逃さず食べるには?保存方法は?

 

 

スポンサーリンク

 - 未分類