koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

ホンジャマカ(恵俊彰・石塚英彦)の不仲説は本当?芸人の同期は誰?

   

ホンジャマカのお二人が22年ぶりに2人そろってコントを披露することになりました。
22年ぶりとなると、最近の若い人はほとんどの人がホンジャマカのネタを見たことないでしょうね。

久しぶりのコント、どんな風なネタなのか楽しみです。

 

そんなホンジャマカの2人、不仲説が出ているようです。
実際はどうなんでしょうか?

 

不仲説は本当?

芸人の同期は誰?

 

ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

 

ホンジャマカってどんなコンビ?

ピンでの活躍は、お二人ともかなり忙しそうですが、ホンジャマカとしては22年ぶり。
コンビについて、簡単に調べてみました。

 

 

ホンジャマカのプロフィール

jyamajyama_main

出典:http://musashi-gakuin.com/blog/wp-content/uploads/2009/12/jyamajyama_main.jpg

 

2人の出会いは、所属していた渡辺プロダクションの若手お笑いタレント劇団
“BIG THURSDAY(ビッグサースデー)”
石塚さんが1期生・恵さんが3期生でした。

 

ほかにもこの劇団には中山秀征さん松本明子さんが所属していたそうです。

 

 

 

1988年にホンジャマカの初ライブを開催。
なんとこの時は、2人を含めた11人体制だったそうです。
その中には、現在の恵さんの奥さん・松本美貴さんも含まれていました。

 

 

 

しかし1989年になるとメンバーが減少。
結局、恵さんと石塚さんの2人で“ホンジャマカ”としてスタートしました。

 

 

ライブやイベントを中心に活動し、関東を代表するコンビにまで成長。

 

テレビでは「関口宏のフレンドパーク」にレギュラー出演。
2011年まで2人そろって出演していましたが、番組終了のため2人そろっての出演がほとんど見られなくなりました。

 

そして今年、久しぶりに二人でコントをテレビで披露します。

スポンサーリンク

 

不仲説は本当??

どうしてもコンビでやっていると、不仲説が出てきてしまいます。
たしかにこの二人は、ほとんど最近は共演していませんし、そんなうわさが流れるのもうなづけます。

 

 

でも、ちょっと普通のコンビとは違うみたいですよ。

 

「そもそもホンジャマカ自体がコンビというよりユニットなんですね。ソロでやってた者同士が組んだわけですから。僕の中ではコントをやるときに2人で組む名前がホンジャマカだと思ってるくらいです」。(石塚さん談)

出典:http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2004/sun040307.html

 

石塚さんにとって“コンビがあっての個人”ではなくて、

“個人があってのコンビ”なんですね。

 

たま~に土田晃之さんが東MAXさんとコンビを組んでコントを披露する、のに近い感覚なんでしょうか?

 

 

相方の恵さんはどう思ってるんでしょうか?

 

「よく言われるんだけど、仲は悪くないと思う」ときっぱり否定してたよ。「俺は仲はよいと思ってる。人としても相方としても」と語ってた。

出典:http://www.cyzowoman.com/2016/01/post_18694.html

 

 

仲は悪くないようですね。
じゃあなんで、ピンでの活動を増やしていったんでしょうか?

 

「僕らはレギュラーの椅子を早くも失ってしまった。石塚さんとは、30歳前後のこのタイミングで負けているというのは絶望的だよな、という話になった。コンビこそ解散はしないけど、個人にくる仕事はどんどん優先していこうと2人で決めたんです。」

出典:http://www.news-postseven.com/archives/20160209_383497.html?PAGE=2

 

 

芸能界で生き残っていくために取った手段だったんですね。
その結果、2人とも成功して生き残れたわけですから、選択は間違っていなかったようです。

 

 

そんな二人がなぜ22年ぶりにコント番組に出演することになったのか?
それはある番組での一言でした。

 

「ホンジャマカを頼まれたらいつでもやるよ。お願いされたら行きますよ。やりたいもん、それは」

出典:http://www.cyzowoman.com/2016/01/post_18694.html

 

 

この一言を聞いて、テレビ局の人がオファーをすぐに出したようです。
不仲説があったから、今までオファーしにくかったのかもしれません。
今回のコントが好評だったら、またほかの番組でも見られるかもしれませんね。

 

 

 

 

芸人の同期は誰??

個人として芸能活動を始めたのは、石塚さんが1983年、恵さんが1987年です。

今更ですが、石塚さんの方が、3歳年上だったんですね。
そして2人ともすでに50代。
ちょっと意外でした。

 

“ホンジャマカ”として活動し始めたのは1988年。

この時は11人体制で、1989年に2人体制になっているので、正式にはどちらが結成年になるのか微妙ですね。

 

 

なので、どちらも調べてみました。

 

まずは、1988年組。

sumb_nichiyou

出典:http://static.tbsradio.jp/wp-content/uploads/2016/01/sumb_nichiyou.jpg

 

爆笑問題・松村邦洋・勝俣州和・木村祐一・江頭2:50・デンジャラス

 

江頭さんと同期だとは思いませんでした。
デンジャラスも結構なベテランなんですね。

 

 

 

1989年組

001

出典:http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/001.jpg

 

雨上がり決死隊・さまーず・加藤浩次・なだぎ武・FUJIWARA・千原兄弟

 

たった一年の違いで、かなり若いメンバーな気がします。
みなさん芸歴長いんですね。

 

 

 

調べていくと、ホンジャマカの結成年を1983年としているのも多かったです。
石塚さん個人のデビュー年に合わせているのかもしれません。

この時まだ恵さんは19歳で浪人中でした。

 

 

ちなみに1983年だと同期はいません
ひとつ上にダウンタウンやトミーズがいる年ですね。

 

そう考えると、石塚さんはかなりの芸歴の持ち主。
みんなに“石ちゃん”なんて呼ばれてますが、すごいひとだったんですね。

 

 

 

まとめ

ホンジャマカの不仲説は、本当ではありませんでした。
芸能界で二人ともが生き残っていくために決めた手段だったようです。

コントはオファーがあればやってくれるそうなので、これからはいろんな番組に2人で出演してもらいたいですね。
まずは、4月2日19時~TBS系“ネプ&ローラの爆笑まとめ!2016春」チェックしてみてください。

 

おすすめ記事はこちらです。
小堺一機克服した病気で声が出ない?息子や娘は現在なにしてる?
友近の彼氏は誰?結婚する?リバウンドで何キロ太ったの?
近藤春菜ガールスカウトの歌“ビスタ”が笑える!何の歌なの?

 

スポンサーリンク

 - 芸能人