koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

かかとのガサガサの原因は?ワセリン&靴下ケアが効果的?

      2015/12/12

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s

タイツやストッキングをはくとき、かかとが引っかかったりしませんか?

絨毯の上をはだしで歩いている時も、気になりませんか?

 

目につきやすい顔や指先のケアはこまめにしていても、かかとのケアは忘れがち。

 

気が付いたときにはかかとが割れちゃった!!なんてことにならないように、今からお手入れしてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

かかとがガサガザになる原因

omochi1

ケアをする前に、ガサガサになる原因を知っておきましょう。

原因は大きく分けて4つあげられます。

 

 

・かかとにかかる摩擦

歩き方や靴のサイズが合っていなかったりすると、かかとに余分な摩擦が起きてしまい、どんどん角質が厚くなってしまいます。

自分の足に合った靴を履いて、できるだけ長時間の立ち仕事を避けるようにすると、改善がみられるはずです。

 

 

・血行不良による乾燥

体の中で一番血液が循環しにくいのが足先。血行が悪いと肌の代謝も悪くなり、どんどん角質が固くなってしまいます。

足を温めてリンパマッサージをすることで、血流が良くなり改善が期待できますよ。

 

 

・角質の取りすぎ

無理やり軽石などで強くこすって角質を取ると、逆に角質が厚くなってしまうことも。

角質は自然に取れるものなので、あまり無理して取らない方がいいでしょう。取る時はお風呂に入ってふやかしてから、かるく優しくとってあげましょう。

 

 

・水虫による乾燥

水虫は足の指先だけのものではありません。かかとも水虫になることがあります。

気になったら皮膚科で検査してもらいましょう。

 

 

 

かかとの摩擦を失くして、血行をよくしたら治る!!

かもしれませんが、実際には摩擦をすべて失くすことも難しいですよね。

 

足の血行を常によくすることも、足は心臓から一番離れた位置にあるので、そう簡単にはできません。

 

だからこそ、きちんとケアをしてきれいな状態を維持しなくちゃいけません。

固くなったり、ひび割れてからだと簡単には治りません。

そうなる前に、毎日きちんとケアしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ワセリンを使ったケア

201104111648018ba

おすすめなのはワセリンを使ったケアです。

ワセリンとは何か、知ってますか?

 

・ワセリンとは?

ワセリンとは天然の鉱物から取れた油です。

天然油なので、肌にやさしく赤ちゃんにも使えます。

 

ワセリンは表面を覆って水分が蒸発するのを防ぎます。

また、外部の刺激からも肌を守ってくれるバリアのようなものです。

 

関連記事
ワセリンが毛穴や髪にも使える?!いろいろ使えるワセリンの効能

 

 

ワセリンを使うときは、白色ワセリンかプロペトがおすすめです。

黄色ワセリンは安いですが、質が落ちるので注意しましょう。

 

 

 

 

・ワセリンを使ったケアの仕方

簡単なケアなので、毎日続けてみてください。

ツルツルになるまで3週間~1ヶ月くらいかかります。

 

 

1.お風呂に入ってかかとに十分水分が含まれている状態にする。

 

2.小豆大くらいのワセリンをかかとに伸ばして塗る。

※寒いと伸ばしにくいので、手のひらで温めてから塗るとぬりやすいですよ

 

3.通気性のいい靴下をはいてそのまま寝る。

 

かかとの荒れがひどい時は、ワセリンを塗った後にサランラップでかかとを巻いて、20~30分そのままにする。(かゆくなったら取りましょう)

サランラップを取ったら、靴下をはいてそのまま寝る。

 

 

ポイントはお風呂に入って柔らかい状態にして塗ることです。

ワセリン自体には保湿効果はありません。なので乾燥したまま塗ってもあまり意味がないですね。潤った状態でワセリンを塗ってあげましょう。

 

 

まとめ

見えない部分だからこそ、きれいにしておきたいかかと。

ワセリンは安いしどこでも売ってるから、お手入れもしやすいですよね。

そのうえワセリンは家族全員・どこにでも塗れるものなので、ひとつ用意しておくと重宝しますよ。

まずは柔らかかかとを取り戻すためにワセリンを使ってみてください。

 

 

関連記事 ワセリンが毛穴や紙にも使える?!いろいろ使えるワセリンの効能

指先のひび割れはこれが原因だった!どうしたら治る?

スポンサーリンク

 - スキンケア ,