koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

初節句でこいのぼりと兜のどちらを買う?誰が買うの?いつから飾る?

   

4c463abffaabc9498864908531475a32_s

5月5日はこどもの日。

男の子の節句・端午の節句でもありますね。

健やかな成長を願って、端午の節句をお祝いしましょう。

 

初めての節句を迎える時、どうしたらいいのか悩みますよね。

男の子の節句といえば、こいのぼりや兜を飾ってお祝いします。

両方飾った方がいいの?自分で買う?いろいろわからないことだらけです。

気になるポイントをいくつかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

 

こいのぼりや兜を飾る由来は?

そもそも端午の節句にこいのぼりや兜を飾るのはなぜだか知っていますか?

こいのぼりや兜以外にも、金太郎とかのお人形を飾るお宅もありますよね。

何が違うのでしょうか?

 

 

こいのぼりの由来

d5aca0ef539f87e5809511840f57a30f_s

こいのぼりを飾るしきたりは江戸時代の町人から生まれました。

関西では当時はこいのぼりのしきたりはなかったそうです。

 

生命力の強い鯉が滝を登って竜になるという中国の伝説がもとになっています。

どんな環境でも強く生きていき将来出世できるよう、立身出世を祈願してこいのぼりを飾るようになりました。

 

 

 

兜の由来

59b7dc634d43d0a30175348c93d9f2e5_s

鎌倉時代から始まった武家の風習です。

兜とは武士にとって自分の身を守る大切な道具でした。

昔は身の安全を願って、兜や鎧を神社に奉納するしきたりがありました。

わが子の身を守るために、兜を飾って祈願したといわれています。

 

 

 

こいのぼりと兜は、祈願していることが違うんですね。

兜は武士が始めたもの、こいのぼりは江戸町人が中国文化から取り入れたものだったなんて、知りませんでした。

 

ちょっと気になるのが、武者人形。金太郎とか牛若丸の人形とかも、端午の節句で飾られてますよね。
あれはどういう意味なんでしょう。

 

 

 

調べてみると、“こんな風に育ってほしい”という思いが込められているそうです。

ちなみに、金太郎は”強くて優しい子に育ちますように“という願いを込められています。

金太郎は実在する坂田金時という武将で、源頼朝のもとで活躍した武将だそうですよ。

 

 

 

全部買わなきゃダメ?

こいのぼりと兜、それに武者人形と、どれも子供の成長を願って飾るものです。

たしかに祈願している内容は少し違いますが、どれもわが子の成長を願うことには変わりません。

昔は兜とこいのぼり、どちらも飾っている家庭もありましたが、最近では住環境も変わり、自宅に庭がない家も増えたので、兜だけ飾る家も増えています。

 

どうしても!!というこだわりがない限り、どちらかひとつでいいでしょう。

もともと兜とこいのぼり、一緒に飾っていたものではないのですから。

 

もちろん両方飾りたいのであれば、飾っても問題ないですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

誰が買う??

f5dbcb9c8ee791ee519191e527b955a7_s

初節句の兜やこいのぼり、これはだれが買えばいいのでしょうか?

両親が子供に買ってあげるのか?

父方の祖父母?それとも母方??

 

かわいい孫のためなら、どちらの祖父母も買ってあげたくなっちゃうはずです。

かといって、兜が二つもあっても困りますよね。

 

かぶってしまうことがないように、早めに誰が買うのか決めておくことがいちばんです。

 

 

昔からの風習では、初節句の兜やこいのぼりは、母方の祖父母が買ってあげることになっています。

かわいい孫に会いに行くために、お祝いの品を用意して娘の嫁ぎ先に会いに行ったそうです。

昔は嫁に行ってしまうとめったに会えないですからね。

いろいろと口実を作って会いに行ったのでしょう。

 

今はその風習を気にしない家庭も増えてきていますが、もしどちらの祖父母も孫に買ってあげたいと言ってひかなければ、それとなく昔ながらの風習では・・・と話してみてはいかがでしょうか?

 

それでもだめだったら・・・

・両家からお金をいただいて、ひとつの兜やこいのぼりを買う。

・兜は自分達で用意して、それ以外の物を買ってもらう。

・二つ買ってもらう。

 

揉めると結構めんどうくさいので、早めに決めておくことをおすすめします。

今まで義両親ともめなくても、孫が生まれるともめごとが増えるものです。

どうしても!!ということ意外は、柔軟に受け入れておいた方が、あとあとやりやすいので、あまりこだわりすぎない方がいいですよ。

 

 

 

いつから飾る?

はっきりとした決まりはないのですが、一般的には春のお彼岸を過ぎたころと言われています。

だいたい3月20日あたりですね。

結構、早くから出すんだと思いませんか?

ひな祭りが終わったと思ったら、すぐに端午の節句の準備・・・。

 

男の子と女の子がいる家庭では、なんだかバタバタして大変そうです。

 

でもこれはあくまで“出していい時期”なので、もうちょっと遅くてもOKです。

4月中旬くらいに出している家庭が、実際は多いのでは?

あんまり遅くなっちゃうと、飾る時期が短くてもったいないので4月中には飾りたいですね。

 

片づける時期は、女の子のお雛様と違って特に決まりはありません。

お雛様も、“かたづけをちゃんとするように”という意味で、“早く片付けないとお嫁にいけない”なんていう理由をつけているそうです。

 

ですから、お天気のいい日に片づけてあげるのがいいでしょう。

きちんとほこりを払って片づけてあげてくださいね。

ひな人形(兜人形)の収納方法はどうする?段ボールにしまっちゃダメ?

 

 

 

まとめ

子供がうまれたはじめの1年は、初めてのこと尽くして大変ですよね。

私もいろいろわからないことだらけで苦労しました。

ぎりぎりになって用意すると、失敗してしまったり間に合わなかったりすることもあるので、できるだけはやめに行動していきましょう。

 

兜を買ってもらうときは、できればどこに飾るのかを考えてある程度のサイズを指定してお願いしておくといいですよ。

かわいい孫のためと思うと、とてつもなく大きい兜を買っちゃう祖父母もいるようです。

ありがたいですが、飾れなくては意味ないですよね・・・。

 

思い出に残る初節句のお祝いをできるように、計画的に準備したいですね。

 

おすすめ記事はこちらです。
ひな人形(兜人形)の収納方法はどうする?段ボールにしまっちゃダメ?
お雛様で初節句をお祝いしよう!誰が買うの?お下がりでもいい?
お彼岸にはなぜおはぎ?カロリーが少ないのはきなこ?簡単な作り方は?

 

 

スポンサーリンク

 - イベント, 慣習 , ,