koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

風間トオルが貧乏だった理由は親!驚愕の生い立ちが明らかに!!

      2016/06/30

default_af4b2727cfb24ebe39577b11e68f7bc6
出典:http://img.laughy.jp/1808/default_af4b2727cfb24ebe39577b11e68f7bc6.jpg

 

メンズノンノのモデルから、イケメン俳優に転身。

現在50代になっても、相変わらずかっこいい風間さん。

バブルのころのドラマの影響で、“都会的なスマートな男性”イメージがあります。

 

でも最近は、“貧乏”ネタイメージも・・・。

幼少期に壮絶な体験をしていたようです。

 

なぜ貧乏だったのか?

どんな生い立ちなのか?

 

気になったのでちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

 

貧乏だった理由は親!

少年時代に貧乏生活を送っていたことは、最近では有名になりました。

なんで貧乏になってしまったのか、気になりますよね。

 

 

風間さんが貧乏生活を送ることになった原因は両親にありました。

5歳の時に、両親が離婚。

風間さんを引き取ったのはお父さん。

 

お父さんとの大変な生活が続いたのかと思ったら・・・

お父さんが蒸発しちゃったそうです。

 

引き取り手がいなくなり、祖父母で暮らすことに。

働き手がいないので、貧しい生活を送ることになりました。

 

 

その上、祖父が認知症になっちゃったそうです。

パチンコ通いの祖母に代わって、小学生だった風間さんが介護をしていたんだとか。

 

 

 

小学生でこんなに厳しい現実に向き合わなければいけないなんて・・・。

それを乗り越えて成長してきた風間さんはすごい!!

これだけのことを乗り越えられれば、たいていのことは乗り越えられそうですよね。

スポンサーリンク

 

 

 

驚愕の貧乏生活!

貧乏生活の中で、どんな生い立ちを送ってきたのか?

驚愕の貧乏生活が明らかになりました。

 

 

風間さんが生まれたのは1962年。

1964年には東京オリンピックが開催。

高度成長期の真っ只中の時期で、日本人の生活水準が一気に上がっていたころ。

そんな時期に風間さんはどんな生活を送っていた??

 

 

 

食べ物編

食べるものがなくて困った風間さんがやっていたこととは・・・

 

e89d8ce5f7296c91ed5dc2274db50cb3_s

・タンポポやアサガオなどのいろんな草を食べた。

・カマキリを食べた。

・砂や石までも食べた。
炎天下の医師をなめると香ばしくておいしいことを発見!

 

 

 

タンポポと朝顔くらいだったらいけるかぁ・・・。

カマキリとか砂とかはちょっと無理ですね。

 

でもこんな食生活をしていたおかげで、食べられる草かどうかだいたいわかるようになったそうです。

食べちゃまずい草は、ちょっと食べるとピリッとするとか。

まさに原始的な感覚の持ち主です。

 

 

 

 

洗濯編

家にお風呂がなかった風間さんがやっていたことは・・・

 

4007ec67986687af06d1a971d491d3d9_s

・洗濯機の中に洋服のまま入って体も洗う。

・日光浴をこまめにして、殺菌消毒する。

 

 

洗濯機の中に入ってしまうとは、発想がすごい!!

貧乏でも、きちんと清潔さを保ちたいと思っていたんですね。

小学生なのにすごいです。

 

 

 

 

ケガ編

子供なのでケガは付き物。でも病院に行くお金がなかった風間さんがやったことは・・・。

 

1f2dde0da9d6db62c0913f27f508101b_s

・虫歯はペンチで抜く。

・車に引かれて10mくらい飛ばされて頭を強打!
 それでも病院費用が掛かってしまうのが心配で、何事もなかったように歩いて帰宅。

・足に金具が貫通してしまったのに、唾と線香の灰をつけておいたら治った。

 

 

こんなこと普通の人がやったら大変なことになっちゃいますよ。

風間さんは生まれながらに強靭な体を持っていたはず。

そのうえ、強い精神力で耐えた結果だったんでしょうね。

 

 

 

それ以外にも、

・体操服が買えなくて、洋服を裏返して体操服のようにしていた。

・バレンタインのチョコを365分割して1年かけて食べた。

など、まだまだ壮絶なエピソードが!!

 

 

たとえ昔といえども、こんな状態なら施設に入ることもできたはず。

 

黒柳徹子が「あなた、よく逃げないで耐えたわね。」と感心すると、「毎日生活するのに精一杯で必死だった。それに認知症の祖父とお人好しの祖母を、見捨てることは考えられなかった。」風間トオルは、感情を表さずに語った。“自分が、(二人の)面倒を見るんだ。”と小学生の頃から、いつのまにか覚悟はできていたという。

出典:http://japan.techinsight.jp/2010/11/tetukonoheya_kazamatooru1011171024.html

 

小学生でこんな覚悟、持てないですよね。

こんな言葉があっているのかわかりませんが、“たくましさ”と“かっこよさ”を兼ね備えた小学生だと思いました。

 

 

 

まとめ

両親の離婚をきっかけに、祖父母と暮しはじめ、結果的に貧しい生活を送りながら祖父の介護をしていた風間さん。

今回調べていてすごいと思ったのは、こんなに貧しい生活をしているのに、専門学校まで卒業しているということ。

学費を稼ぐために睡眠時間1時間という日々を送っていたそうです。

普通なら中学校を卒業したら進学せずに働きに出そうですが、風間さんは違いました。

どんな状況でも冷静に諦めず、どうにかしてその問題を乗り越えようとする姿勢。

見習っていきたいなぁと感じさせてくれました。

今までとはちょっと風間さんの見方が変わりそうですよね。

 

おすすめ記事はこちらです。
松雪泰子の兄弟は芸能人?子供は中学生?学校はどこ?
小柳友はワンオクの元ドラマー!父親と兄も芸能人!気になる彼女は?
ほっしゃん。(星野英利)は病気で激やせ?ご飯が食べられなかった?

スポンサーリンク

 - 芸能人