koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

袱紗は結婚式に必要?お葬式でもレース付きの袱紗は使える?

   

初めて呼ばれた結婚式。

ドレスにバックに靴に、いろいろと用意するものがあって大変です。

もちろんご祝儀袋も忘れずに!!

 

ご祝儀袋を包む、袱紗(ふくさ)は用意しましたか?

 

なくてもいいんじゃない?

 

結婚式に袱紗は必要なんでしょうか?

当日、恥をかかないためにチェックしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

袱紗とは?

絹や縮緬(ちりめん)などでできている正方形の布で、もともとは貴重品などの箱にかけられていた風呂敷がはじまり。

 

慶弔行事の金品を贈る時に袋の水引がくずれたり、袋が折れてしわにならないように、袱紗で包んで持参します。

実用性だけでなく、先方と喜びや悲しみを共にする気持ちを示す意味もあり、袱紗で包むことでこまやかな心遣いも示しています。

 

結婚式のマナーとして、ご祝儀袋は袱紗に包んで持参するのが基本です。

ひとつあれば毎回使えますし、色さえ気をつければ弔事でも使えますよ。

 

 

何色の袱紗がいい?

冠婚葬祭で使える袱紗ですが、慶事と弔事では使える袱紗の色が違ってきます。

 

お祝い事など慶事の時は、暖色系の明るい色

ピンクやゴールドなど華やかな袱紗に包むといいでしょう。

 

 

逆にお悔み事などの弔事の時は、寒色系のちょっと暗めの色

グレーや紺色など、ちょっと沈んだ色を選びましょう。

 

 

 

慶事用と弔事用、使い分けるのがちょっと面倒な人におすすめなのは、紫色の袱紗です。

紫色は、慶事にも弔事にも使える色ですから、どちらの席にもっていってもOKです

 

まずひとつ袱紗を用意するなら、紫色が冠婚葬祭いつでも使えるのでいいですね。

 

 

 

 

弔事にレース付きでも大丈夫?

最近ではかわいらしい袱紗がたくさん出ていますね。

慶事であれば、華やかな柄やデザインでお祝いの気持ちを表しましょう。

 

では、弔事の席は?レースが付いているとNG?

これはレースの色によります。

黒やグレー系のレースで、落ち着いた上品な感じの袱紗であれば問題ありません。

ただあまり派手にレースが付いている物や、ちょっと目を引くくらい華やかにレースが付いている物は、避けた方がいいでしょう。

 

大丈夫かな?と悩むなら、別の袱紗を用意したほうがいいですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

袱紗の包み方

袱紗を用意したら、ご祝儀袋を包んでみましょう。

 

包み方は簡単!!

ただ、慶事と弔事だと包み方が少し異なりますので、間違えないようにしましょう。

 

 

結婚式など慶事の時の包み方

  1. 角が上下左右の方向になるように、袱紗を広げる。
  2. 真ん中より少し左寄りにご祝儀袋を置く。
  3. ご祝儀袋に合わせて、袱紗の左の角を折る。
  4. ご祝儀袋に合わせて、袱紗の上の角を折る。
  5. ご祝儀袋に合わせて、袱紗の下の角を折る。
  6. ご祝儀袋に合わせて、袱紗の右の角を折り、爪を止める。

(※爪なしの場合は、裏に折り込む)

 

 

弔事の場合は、置く位置・おり方が逆になります。

右寄りに置いて、右⇒下⇒上⇒左の順でおります。

 

 

最近では金封袱紗もあるので、簡単に使いたければそういうタイプの袱紗を選んでもいいですね。

 

 

当日は、受付で袱紗からご祝儀袋を取り出して、相手に正面がくるようにして両手で渡しましょう。

慶事では、左手に袱紗で包んだご祝儀袋を置いて、右手で開くようにします。

弔事では逆ですね。

 

もちろんマナー通りにできたら一番ですが、意識しすぎてぎこちない動きになってしまったり、お祝いの一言がいえなくなってしまっては、意味がありません。

 

“お祝いの一言を添えて、袱紗から取り出して相手に向けて両手で渡す“

まずはここに気をつけてやってみましょう。

慣れてきたら、袱紗を開く手順なども意識してみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

まとめ

初めての結婚式だと、いろいろとマナーがわからず不安になってしまうこともあります。

当日式場に行って、「みんな袱紗に包んできている!!」・・・と焦ってしまわないように、袱紗を準備しておきましょう。

これから使う機会はいろいろとありますし、そんなに高い物でもありません。

こまやかなマナーが、きちんとできていると大人としてステキですよね。

 

 

おすすめ記事はこちらです
結婚式の靴の素材はエナメルがいいの?色は黒以外ならベージュ??
結婚式のバックのマナーは?サブバックは紙袋でもOK?

 

 

スポンサーリンク

 - 慣習 ,