koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

草餅のおいしい食べ方はこれがおすすめ!気になるカロリーは?

      2016/04/01

春になると食べたくなるもののひとつに、草餅があります。

洋菓子にくらべると、とてもシンプルなお菓子ですが、なんだか懐かしい感じがします。

 

そんな草餅、いろんな食べ方があるようです。

どの食べ方がおいしいのか?

いろんな食べ方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

 

草餅とは?

6cc64f87122a3e4f7bd3e68e4e206b1b_s

古くは平安時代から食べられていたそうです。

昔はハハコグサを使って草餅を作っていましたが、室町時代ごろからヨモギを蒸した物で作られています。

ヨモギは薬草として使われており、厄除けの意味もあるそうです。

 

今では、草餅と言えば蓬餅(よもぎもち)をさします。

 

 

どんなふうに食べる?

草餅には、あんこが入っている餅と入っていない餅があります。

あんこが入っているタイプは、“草大福“といって、草餅とは区別されているそうです。

 

ただお店によっては、あんこが入っていても“草餅”と呼んでいるところもあるので、あまり統一されていないみたいですね。

 

形もいろいろありますね。丸だったり、ひし形だったり。

 

ひし形といえば、ひな祭りに飾るひし餅。

086786

ひし餅は、赤・白・緑の3段になっていますよね。

一番下の緑は、蓬餅で作られているんですよ。

 

 

 

さて、何も入っていない草餅はどうやって食べますか?

焼く?ゆでる?あんこをつける?それともきな粉?

いろいろ食べ方はあるようですが、おすすめの食べ方を2つほどご紹介します。

 

 

シンプルな食べ方

9657d1a8e1bac8b948aa2c12aff08218_s

ゆでて柔らかくして食べるのも好きですが・・・。

やっぱりちょっと焼目をつけて食べたいですね。

 

 

簡単なのはオーブントースターで軽く焼いてみて。

ヨモギの香りがほんのりして美味しいですよ。

 

そのままでもいいですが、ちょっと甘みが欲しいですよね。

そんな時は砂糖醤油をちょっとつけて食べてみてください。

 

そこでちょっとワンポイント!!

お砂糖を黒砂糖に変えると、コクが出てさらにおいしくなりますよ!

 

草大福も、トースターで焼くのがおすすめです。

 

 

 

お汁粉に入れる

3a97323d2ddee9b769a97755ebf2242a_s

お汁粉には白餅のイメージがありますが、あえて草餅で。

ちょっとヨモギの苦みがあって、いつもと違うお汁粉が楽しめます。

 

焼餅にしてお汁粉に入れてもいいですが、ゆでて柔らかくなった草餅がおすすめ。

柔らかい草餅にお汁粉のあんこが良くからんでおいしいです。

 

 

ちょっとアレンジするのであれば、ミルクぜんざい風にしても。

 

 

ゆであずき100gと牛乳300mlをお鍋に入れて、混ぜながら煮ましょう。

甘さの好みに合わせてあんこと牛乳の量をかえてもOKです。

そこに草餅を入れて、柔らかくなるまで煮れば完成。

 

お好みできな粉コンデンスミルクをかけてもおいしいですよ。

 

 

 

 

これ以外にも、バター焼きにしたりお雑煮に入れたり、いろいろな食べ方があります。

たまに変わった食べ方をしてみるのも、楽しいですよね。

 

いろいろアレンジできる草餅、つい食べ過ぎてしまいそうですが・・・。

カロリーはどれくらいあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

草餅のカロリーは?

草餅のカロリーは、100gあたり229kcalです。

草餅ひとつだと、だいたい50gなので115kcal

そんなに高くないですよね。

 

でもこれはあんこが入っていないシンプルな草餅の場合。

あんこが入ったら、どれだけカロリーが高くなっちゃうの??

と思っちゃいますが、意外とそうでもないようです。

 

和菓子は洋菓子にくらべて低カロリーとよく言いますよね。

餡子は甘さにもよりますが、お餅より低カロリーなものもあるので、中にあんこを入れてもそれほどカロリーが変わらないようです。

 

草大福で調べてみましたが、1個(73g)で166kcalでした。

50gで計算すると、草餅と草大福のカロリーがたいして変わらないのがわかります。

 

 

洋菓子とくらべると・・・

(※100gあたりのカロリー)

 

ショートケーキ⇒344kcal

ドーナツ   ⇒375kcal

クッキー   ⇒525kcal

アイスクリーム⇒212kcal (高脂肪タイプの場合)

 

 

草餅が低カロリーなのがわかります。

でも、いろいろとトッピングしたらカロリーは高くなります。

トッピングしたもののカロリーも考えて食べましょう。

 

 

 

まとめ

ヨモギの香りを楽しみながら、おいしく草餅を食べたいですね。

手作りの草餅や和菓子屋さんの草餅は、やっぱりヨモギの味がしっかりして違いますよね。

いつもはお店で買って食べますが、今年はひな祭りに作ってみようかなぁ・・・。

今は“ヨモギ粉”なんていうのもあって簡単に作れるみたいだし。

自分で草餅を作って、いろいろアレンジして食べるのも楽しそうですね。

 

おすすめ記事はこちらです
お彼岸にはなぜおはぎ?カロリーが少ないのはきなこ?簡単な作り方は?
かしわ餅の正しい食べ方は?葉っぱは食べる?みそ餡はカロリー低い?
ふきのとうのおいしい時期はいつ?天ぷらだけじゃないおいしい食べ方は?

 

 

スポンサーリンク

 - 食べ物