koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

春キャベツを簡単サラダで食べよう!人気レシピをご紹介!

      2015/12/06

1d02d9f07761e1274c6d30ea26a3ba25_s

春になると出てくる春キャベツ。

どんなふうに調理して食べていますか?

春キャベツに合った食べ方をしていますか?

 

意外と知らない春キャベツの特徴を、ちゃんと理解して美味しく食べたいですね。

今日はおいしい春キャベツの食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

春キャベツの特徴を知ろう

キャベツには冬キャベツ春キャベツがあります。

 

冬キャベツは葉がしっかりとまかれていて、ぎっしりしているのが特徴。
煮物に適しているので、ロールキャベツなどでおいしく食べられます。

 

春キャベツは冬キャベツとは対照的に、葉の巻き方がゆるくて中まで黄緑色の柔らかい葉が特徴で、水分も多くとても甘くて食べやすいです。
生のまま食べるのに向いているので、サラダで食べるのがおすすめです。

 

 

キャベツには、ビタミンU・C、カリウム、カルシウム、食物繊維が含まれています。

 

ビタミンU・・・胃腸障害の予防。胃酸の分泌を抑える効果も。

ビタミンC・・・美肌効果はもちろん、免疫力アップにも効果的。

カリウム・・・老廃物を排出して、むくみを解消

カルシウム・・・骨や歯を構成する働きだけでなく、動脈硬化や高血圧の予防・イライラを鎮めるなどさまざまな生理作用がある。

食物繊維・・・便通改善に効果的。血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など生理作用にも効果的。

 

 

キャベツが胃に効くのは有名ですね。薬の名前になっているくらいですから、ちょっと胃の具合が悪い時は、キャベツを食べれば改善されるかもしれません。

 

ビタミンCは熱に弱いので、加熱して食べるとビタミンCを摂取できません。春キャベツは生食に向いているので、ビタミンCを壊さず摂取することができますよ。

 

 

水分が多い!やわらかい!甘い!食べやすい春キャベツ、

おいしく食べられるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

 

春キャベツをおいしく食べるレシピ

93c0d21230b42b7d8d8857c42383dd61_s

春キャベツを生のままおいしく食べられるレシピをご紹介します。

作りやすいように簡単なレシピを選んでみました。

 

 

・キャベツの定番!コールスローサラダ

春キャベツといえばやっぱりこれですよね。ケンタッキーの甘酸っぱいコールスローサラダを再現で着ちゃいます。

はちみつがなかったので、お砂糖で代用しました。

コールスローサラダのレシピ

 

 

・春キャベツの浅漬け

これもとっても簡単です。しょうがの量を好みで変えたり、大根を入れてみたり。だし昆布のかわりに塩昆布にしてみてもおいしそうですね。

春キャベツの浅漬けのレシピ

 

 

・春キャベツと大根のさっぱり和え

お酢が効いた酢の物でキャベツが食べられます。かつお節も入って和風でおいしそうですね。

春キャベツと大根のさっぱり和えのレシピ

 

 

・キャベツと納豆の和風おつまみサラダ

納豆のねばねばがキャベツとのりに絡んでおいしいですよ。温泉卵をのせたらコクが出てさらにおいしそうですね。ねばねばを増やすために、長芋のすりおろしをプラスしてもおいしかったです。

キャベツと納豆の和風おつまみサラダのレシピ

 

 

・キャベツと鶏胸肉のモリモリおかずサラダ

ドレッシングにしょうが・めんつゆ・ごま油が入っていて、中華風でおいしそうなサラダです。棒棒鶏のゴマダレでからめてもいいかもしれませんね。

キャベツと鶏胸肉のもりもりおかずサラダのレシピ

 

 

 

他にもツナや卵と和える定番サラダもおいしいですよね。塩揉みするとかなり量が減るので、サラダでもいっぱい食べられます。

炒め物にしてもおいしいです。熱を通しすぎないようにさっと炒めて食べてるのもいいですね。

 

 

まとめ

柔らかくて甘い春キャベツだからこそ、サラダでおいしく食べられるんですね。

春キャベツが出たら、今年はいろんなサラダを作ってみたいと思います。胃にもやさしいし食物繊維もたくさん取れるから、積極的に食べたい食材ですよね。

塩もみして量を減らしてたくさん食べたいです。便秘改善・むくみ改善・美肌って、女性にうれしい効果ばかりのキャベツ!!食べなきゃ損ですね。

スポンサーリンク

 - 食べ物