koihaブログ

日々の生活にちょっと役立つ情報を簡単にまとめてお伝えします。

*

入学式にママが付けるコサージュの色は?販売経験者のおすすめはこれ!!

      2015/12/06

df27690be305b8cb0099ccee9f835d89_s

入学式の主役はかわいいかわいい子供たち。子供たちの洋服を念入りに考えているうちに、ママの洋服を忘れていませんか?主役は子供たちだけど、ママだって式に参加するんだし、せっかくの晴れ舞台!!ママのスタイリングも忘れずに準備しましょう。

 

今日は、ちょっと付けるだけで何倍も華やかさが増す、コサージュについてお話します。
小さいけれど、重要なアイテムですよ!!

スポンサーリンク

 

コサージュの力は絶大!

c7448c24af37bab57f3db50ea375c4d5_s

10年ほど販売員をやっていたので、卒入学のオケージョンスーツはよく接客していました。みなさん、スーツは真剣に悩むんですよね。いろいろ着てみてほかのお店と比べてみて・・・。でもコサージュはけっこう適当。それどころか余計な出費だからってコサージュは買わない人も多いんです。

 

いつも思ってました、コサージュがないと華やかさがなくなっちゃうのにって。

 

入学式はお祝い事です。結婚式とまでは言いませんが、華やかな衣装を着るのが正装です。シンプルなスーツでも、コサージュをつけるだけで華やかさが一気に増すんですよ。言い方を変えれば、“コサージュをつけることでシンプルなスーツが入学式のスーツらしくなる“とも言えちゃいます。

ちょっとスーツまでは新しく用意できなかったら、卒業式と兼用だから地味な色合いのスーツだったら、絶対にコサージュをつけるべき。それだけでスーツの見栄えが何倍もよくなりますよ。

 

 

コサージュの合わせ方は?

では、どんなコサージュを選べばいいか?悩んじゃいますよね。

 

スーツの色に合わせるのは言うまでもないですよね。あとはどんなイメージにしたいのかによって、合わせる色が変わってきます。

 

まずは色合わせの基本。これは他の小物でもいえることです。色合わせをする時は、暖色系には暖色系を、寒色系には寒色系を合わせていくと、色合わせを失敗することがほとんどなくなります。

もちろん暖色×寒色の合わせも合う色はありますが、失敗してしまうこともよくあります。ベーシックに色合わせしたいのであれば、この法則はおすすめです。

 

 

スーツの色が淡い色の場合

入学式だと、ベージュ系やライトグレーを選ぶママが多いでしょう。

ベージュ=暖色系 ライトグレー=寒色系 ですから、ベージュには黄色やオレンジ系、ライトグレーにはブルー系を合わせると間違いはありません。オフホワイト系はどちらでもOKですし、ピンクも色によって暖色・寒色どちらでも合わせられます。ライトグレーのスーツを明るいイメージにしたければ、ピンク系を合わせてもいいですね。

黒はどちらの色にも合いますが、お祝いの席なので避けた方がいいでしょう。

 

 

コサージュの色の濃さは、あまり目立たせたくなければ淡い色を選びましょう。優しい印象になり、“入学式に出席するママ“らしい雰囲気を醸し出してくれるはず。

 

ワンポイントにしたければ、濃い色のコサージュを使ってみては?ただし大きなコサージュで濃い色だと、ちょっとインパクトが強すぎるので、小さい花がいくつかまとまって作られているコサージュを選ぶといいかもしれません。

 

 

スーツの色が黒系・または濃い色の場合

カラースーツで濃い色を選ぶ方は少ないと思いますが、黒や紺など卒業式と兼用にする方は多いのではないでしょうか?

 

その場合はコサージュの色は淡い色をおすすめします。黄色やピンクは優しい印象になるので、黒系のスーツの印象を柔らかくしてくれます。

濃い色のコサージュをつけてしまうと、インパクトが強くなり、下手するとケバい印象になりかねません。ママらしく着こなすなら、淡い色のコサージュを選びましょう。

 

スポンサーリンク

 

コサージュのサイズは?どこに付ける?

コサージュのサイズ、難しいですよね。おすすめのサイズは片手に収まるくらいのサイズが使いやすいですよ。大きすぎても小さすぎてもバランスが悪いので、コサージュを選ぶときは、できればジャケットをお店に持参して、実際に着けてみるといいですね。

コサージュにも、いくつかのお花が付いたものもあれば、1輪だけのものもあります。柔らかい印象・目立たせたくない場合はいくつか小さいお花が付いたものを、コサージュを目立たせたかったら1輪のものを選ぶといいでしょう。それぞれ印象が違ってきますので、それを意識して選んでみてください。

いくつか付いたものはこんな感じ

 

一輪だとこんな感じ

つける位置は左襟の下あたりがいいでしょう。クリップがついているコサージュなら、えりにはさんでつけてみてください。胸ポケットに付けてもいいですが、ポケットの位置によっては、位置がしたすぎてしまってバストの位置が下がって見えてしまうので、気を付けましょう。

また、あまり外側に付けると身幅や肩幅が広く見えてしまいます。首と肩の真ん中より少し内側に付けるようにしてみるといいですね。

 

 

 

おすすめのコサージュは?

もし自分のスーツに合う色がわからなくなったら、淡いベージュやオフホワイトのコサージュを選んでおけばたいていの場合は合わせられるとはず。ただし、スーツがベージュで色が近すぎると、あまりコサージュをつけている意味がなくなってしまうので気をつけて。

 

コサージュのお花は、かわいい感じにしたければ丸い花びらの花を、ちょっときれいめやクールな印象にしたければ、花びらが丸くない物を選ぶといいですよ。

花びらが丸いとこんな感じ

 


花びらが丸くないとこんな感じ

比べてみるとちょっと印象が違うのが、わかりますよね。どちらのタイプが好きかによって、選んでみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コサージュをつけようか悩んでいた方も、すこしつけてみようかと思ってもらえたでしょうか?

百貨店のフォーマル売り場なんかでみると、かなりの値段するので悩んじゃいますが、ネットで買えば1000円くらいから売っているので、1度探してみてはいかがでしょうか?

きっと華やかさがアップして、すてきなコーデになるはずですよ。

スポンサーリンク

 - イベント, 洋服 ,